会長挨拶
理事役員委員
会員名簿
行事予定
クラブ週報 
活動状況 
リンク 


クラブ運営方針

2018-19年度 会長 板場 英行

バリー・ラシン2018~19年度国際ロータリー(RI)会長は、年度テーマ「Be the Inspiration  インスピレーションになろう」を掲げ、世界中のロータリーアンに対してロータリー活動への鼓舞と奮起に向けた意欲喚起を提言されている。吉原久司2710地区ガバナーは、ガバナー信条「輝こうロータリー ふたたび」、基本目的「仲間を増やそう、すべてはそこから始まる」として、1年間の地区ロータリー活動の舵取りを担われます。ともに、経年的会員減少、奉仕活動の低迷に象徴されるロータリーの危機打開に向けた強いメッセージである。
輝きを放ち、元気のあるロータリークラブの特性は、会員の個性と多様性を活かした柔軟性のあるプロジェクトを構築し、会員のロータリー活動への積極的参加を背景として、有意義で活発なロータリー活動を展開しているクラブといえる。
 竹原ロータリークラブは、昨年度のクラブ戦略計画委員会で今後のクラブ運営における3項目(①組織強化と会員増強②奉仕活動の活発充実化③公共イメージと社会的認知度の向上)のマスタープランを策定した。2018~19年度クラブ運営は、このマスタープラン実現に向けた活動と取り組みが中心となる。
 組織強化には会員の維持・増強が根幹である。現会員の維持に加え、会員増強委員会を中心として新入会員の入会に取り組み、RI会長賞へチャレンジしたい。
 職業奉仕に関するRIの見解が混沌としている現況であるが、地域に密着した社会奉仕活動をはじめとする奉仕プロジェクト(職業、青少年、国際)を奉仕プロジェクト委員会の年次計画に基づき実施する。
 公共イメージと社会的認知度の向上では、クラブ広報委員会によるホームページの有機的更新を通して、クラブ情報、例会報告、奉仕活動の広報を行う。
 出席委員会とプログラム委員会を統合し例会運営委員会と改変したクラブ管理委員会活動は、親睦活動とともにクラブ運営の基幹であり、有意義で楽しい活動に傾注する。
ロータリー財団への寄付、米山記念奨学会事業支援は継続活動として積極的推進を図る。
 最終年度を迎えるがん予防啓発推進委員会活動では、総括的活動を期待する。
 本年度の竹原ロータリークラブの運営方針のポイントは、次の5点である。
1.ふさわしい仲間を誘う ⇒ 仲間を増やすことが元気の源
2.ロータリーを知る   ⇒ ロータリーアンとしての自覚
3.奉仕活動の充実    ⇒ ロータリー活動の本質
4.例会を温かく有意義に ⇒ 楽しい例会はロータリーアン
のオアシス

5.クラブの対外的アピール⇒ クラブの認知度を高めよう